矯正歯科

矯正歯科について

矯正歯科について

矯正歯科では悪い歯並びや噛み合わせを改善する治療を行います。矯正治療のメリットは見た目を美しくすることだけではなく、健康面のリスクを抑えることにもつながります。例えば歯磨きをする際、歯並びが悪いと磨き残しが多くなり虫歯や歯周病になるリスクが高まります。
また、噛み合わせが及ぼす全身への影響も考慮しなくてはなりません。頭痛や肩こりの原因が実は噛み合わせにあったという症例もございます。歯並びや噛み合わせが気になる方、これから矯正治療を始めたいと思っている方は、お気軽にご相談下さい。

矯正の種類

お子様の矯正治療
床矯正

床矯正
床矯正とは、歯を抜かずに顎の成長を助けることで美しい歯並びにする治療方法です。入れ歯のようなを装置を入れて顎の発育を促進させることで、歯が生えるスペースをつくり、自然に歯ならびを整えることができます。床矯正は、特にこれから成長期を迎えるお子さまに対してさまざまなメリットがあるため、当院では一番おすすめしている方法です。まずはお気軽にご相談ください。

大人の矯正治療
マルチブラケット法

マルチブラケット法
永久歯が生えそろった大人の矯正は、床矯正と違い歯そのものを動かす必要があります。その際用いられる代表的な方法がマルチブラケット法です。ブラケットと呼ばれるワイヤーを歯に装着し、少しづつ正しい歯並びに導きます。

矯正歯科の流れ

  • 初診・カウンセリング

    まずはカウンセリングから始めます。治療に関する疑問や不安がございましたら何でもお聞きください。しっかりとお話を聞いた上でおおまかな治療期間・費用・装置・治療法についてお話します。

  • 矢印 矢印
  • 精密検査

    X線写真等を使用し精密検査を行います。噛み合わせや虫歯・歯周病の有無をチェック致します。

  • 矢印 矢印
  • 診断・治療計画の決定

    精密検査の結果をもとに、今後の具体的な治療方法、使用する装置、期間、費用などを詳しくご説明します。ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

  • 矢印 矢印
  • 治療開始の準備

    虫歯や抜歯などの前処置が必要な場合は、装置を装着する前に治療します。

  • 矢印 矢印
  • 本格治療

    「バンド」や「ブラケット」などの目的に合わせた矯正装置をつけて本格的な治療開始です。1ヶ月に1回程度、約2年半通院します。「ワイヤー」や「ゴム」の交換をしたり、ワイヤーの調整などの処置をします。

  • 矢印 矢印
  • 保定観察

    歯並びがきれいになり、問題なく噛めるようになったら矯正装置を外し、次にリテーナー(正しい歯並びを安定させる装置)をつけます。保定観察が終わったら矯正治療完了。ただし、リテーナーを取りはずした後、歯が元に戻ったり、新たな不正咬合を起こす場合があるので、治療後も年に一度は、歯並びのチェックを欠かさず行います。

矯正歯科のよくあるご質問

Q&Aへ

ページトップ